画像のタイトルを表示します。

抜粋文(キャプション)があると表示します。
改行ができます。

新着情報

カスタムフィールド機能の活用についてテストしてみる。スクリプトの追加なしで、どの程度使えるかの確認。

カスタムフィールドを表示するには、右端の3点アイコンから、「設定」「パネル」「カスタムフィールド」の順に選択する。これで、編集画面の下方にカスタムフィールドフォームが表示されるようになる。

続きを読む »»
2022年7月8日(金)

編集フォーム内で、選択や選択範囲のハイライト表示などをどのようにしているか、少し詳細に観察してみる。クリックによる段落の選択は、メニュー表示だけのようであり、段落自体にアウトラインなどは表示しない。メニューは、マウスダウン時点で表示されている。セレクション(選択範囲)に関しては、マウスアップ時にも何も変化しない。段落用に表示されたメニューの中から処理を選択するだけらしい。

入力途中でメニューが消えることがある。が、マウスオーバーで表示される。段落にアウトライン表示されることがあるが、どのようなタイミングで表示されるのかが不明。メニューの中の段落アイコンにマウスオーバーで、対象段落にアウトライン表示がされるようだ。複数段落にまたがる選択は、選択中にメニューが消えるが、マウスアップ時にメニューが表示される。メニューの表示位置は、選択のスタート位置を含む段落。

続きを読む »»
2022年7月7日(木)

各種アラインメントのテストをする。

パラグラフのアラインメント、このパラグラフは何も指定していない。

このパラグラフでは、センタリングを指定してみる。

基本の構成ブ

センタリング、class=”has-text-align-center” .. style.min.css で text-align:center が指定されている。

続きを読む »»
2022年6月21日(火)

ブロックエディタには、カラムズ、横並びなどレイアウトに使えるものがあるが、なぜか、CSSのcolumnsプロパティを使えるものが無い。単にカラムを別けてコンテンツを整理するだけなら、最も楽そうなのになぜだろう。複数行にまたがるレイアウトならグリッドが使い易いが、横一列ににしたいだけなら、カラムズプロパティが最も適しているように思うのだが。

続きを読む »»
2022年6月9日(木)

館山城です。

クリックすると色が変わります。

2022年6月1日(水)

横並びブロックのレスポンシブ対応のチェック。

段落

段落

段落

段落

段落

段落

ブロックに背景を付けると、1.25, 2.375emのパディグが付く。basisなどの指定なし。
nowrapのため、数が増えると、レイアウトが崩れる。

段落2つを単にグループ化

段落

横並びの方がシンプルに枠一つで囲むだけ、グループの方は枠に中に更にインナーがあり、モア形式一覧では縦並びだが、シングル表示では横に並んでいる。スタイルはグリッドになっているようだ。

横並びの中に、縦並びをいれるしか無いかも。

続きを読む »»
2022年6月1日(水)

カラムブロックのレスポンシブ対応をチェックしてみる。

まずは、同じ幅の2カラムブロックから。

左側のブロック内の段落

右側のブロック内の段落

続きを読む »»
2022年5月30日(月)

ブロックエディタには、コンテンツのレイアウトの助けになるようなツールというか、ブロックが結構たくさんある。デザインブロックというグループになるようだ。当初は、「カラム」だけだったような気もするが、ワードプレスのバージョンがあがるにつれて、どんどん増えてきているようだ。スペーサーなどというブロックまである。その昔、スペーサーなどというもの(多くの場合、GIF画像だった。)を使ってはいけないと言っていた時代もあったような。ここでもう一度整理してみる。

続きを読む »»