ブロックライブラリーCSS

ワードプレスもバージョンアップが激しく、特に最近は、過去を置き去りにするようなものが多いような気がする。例えばブロックライブラリーCSSなど。

画像にアラインを指定してみた。フィギュア要素にアラインクラスが付与されている。が、更に、wp-block-image クラスのDIV要素で囲んでおり、こちらボトムマージンがついており、フロートとのからみで少しスタイルが崩れている。以前は、このwp-block-image側にアラインがついていたような気がする。以前は、キャプションを追加しなれば、フィギュアーで囲むことも無かったような気がする。

ここにクラシックエディタを挿入してみる。メディアの挿入で画像を追加して、アラインレフトを付与してみる。

段落の中に、インライン画像として挿入され、イメージタグ自体にアラインクラスが付与されている。これが、昔なりの方法であり、スタイルの崩れはなくなる。インライン画像をつかうなら、クラシックブロックを使えということなのか。このクラシックブロックは将来共に、なくならないのだろうか。

カラーもあるし、通常の編集には、クラシックを使うのが最も便利が良いのかも知れない。やはり、フロントエンド投稿機能は削除しないで置いたほうがよさそうだ。

関連記事

メインボトムコンテンツ