webpという画像フォーマット

軽くて、webでの利用に適しているらしい。srcsetとsizes属性について調べていたら、やたらに出てきたので調べてみた。gimpでエクスポートできるというので試してみた。確かに小さくなる。ubuntuは、まだアイコンを認識しないようだ。どこまで圧縮されているかというデータも持っているようだ。再度の圧縮をかけるような無用な操作が省ける。

ワードプレスも対応済みというのでアップロードしたら、叱られた。フィルターを足せというから足してみたが、やはり駄目だった。キャッシュかも。一度エディタを終了して、再度編集をかけ、アップロードしたらOKだった。管理モードだけでは駄目らしい。フロントモードでもチェックがかかるらしい。

この下に複数枚アップロードしてみる。が、functionsに書くのはなんだか。configに書く方法もあるのでは。毎回読むのはどっちでも一緒か。?兎に角軽いことは軽い。

 

関連記事

メインボトムコンテンツ